★★  奈良、若草山での風景を撮る  ★★

奈良・若草山の夜景 Photo By HomiSiratori
奈良・若草山の夜景 Photo By HomiSiratori

★ 概要 ★

 

なだらかな山腹が芝に覆われており、奈良を代表する景観の一つである。山頂には古くから知られる前方後円墳(鶯塚古墳、全長103m)がある。山頂から見る奈良の夜景は、新日本三大夜景のひとつに認定されている。

山頂にある鶯塚古墳から「鶯山」とも呼ばれる。また、菅笠のような形の山が三つ重なって見えることから俗に「三笠山」とも呼ばれ、御蓋山と混同されてきた。さらには「かつて若草山の正式名称は三笠山だった」と言われることがあるが、これは俗説である。江戸時代に南都八景の一つとして 「三笠山雪」 が挙げられていたが、

これは若草山の芝の上に積もる雪が真っ白に美しく見えることによる。

 

若草山は芝に覆われている。この芝はノシバ(日本芝の一種)と呼ばれる日本固有のシバで、近畿では若草山付近が唯一の自生地とされる。ノシバの種は堅い殻に覆われており、シカがシバの葉と共に種を食べても、シカの歯と胃液による消化などから堅い殻が種を守る。ただ守るだけでなく、シカの胃に入ると、胃液と体温(40度程度)で殻は速やかに溶けて発芽できる状態になり、未消化の種は糞とともに山に散布されることにより、ノシバは発芽する。このサイクルを繰り返し、古来よりこの地で生息してきた。このため、若草山のシバの生育には自然状態ではシカの存在が不可欠である。

また、ノシバの葉や茎は踏まれても問題ないが、土壌が人に踏み固められると、固い土が根の生育を著しく阻害するために、シバは枯れる(このため、仮にシバを薬品処理して発芽させても、土壌の管理ができなければ、芝の保護生育は望めない。)近時、ノシバの保護の為、シバ地の拡大と保護が若草山を中心に、

自治体やボランティアによって行われている。

 

以上 Wikiより

こちらで撮影した鹿の写真を含めた鹿の写真のコーナーを設けました。

動物撮影の参考にして頂ければ幸いです。


鹿Photo Gallery




こちらをkゥリック


古の時、古の場所、古都奈良、若草山の春、桜見ながら・・・。Photo By HomiSiratori
古の時、古の場所、古都奈良、若草山の春、桜見ながら・・・。Photo By HomiSiratori
夕日を浴びて・・・。Photo By HomiSiratori
夕日を浴びて・・・。Photo By HomiSiratori
若草山、桜の頃 ~ 自然のライトアップを楽しむ Photo By HomiSiratori
若草山、桜の頃 ~ 自然のライトアップを楽しむ Photo By HomiSiratori
桜咲く古都奈良山頂への階段 Photo By HomiSiratori
桜咲く古都奈良山頂への階段 Photo By HomiSiratori
若草山の夕暮れ Photo By HomiSiratori
若草山の夕暮れ Photo By HomiSiratori

● 早朝の若草山にて

☆☆ 若草山での夕景 ☆☆

● 著作権法に基づく表記 ●

 

(重要!!)

 

注)。掲載の写真は三浦俊裕(白鳥保美)撮影の元での著作権管理の物となります。当方の許可なく無断での掲載、転載を行わないよう宜しくお願いいたします。

(一部白鳥保美記載の物も含む)

 

 

Note). Shall become the property of the photographs in management under  Toshihiro Miura (HomiSiratori) shooting.

Thank you so you do not post without permission, a reprint without permission of us.

 

下記バナー先にて写真販売を行っております。

宜しければご利用ください。


And made the photo sold at the following banner destination.
Please use if it is good.

リコーペンタックス公式サイト

Nikon 公式サイト

★★ アマナイメージズ ★★

Sundance Mountain Resort

★サンダンスリゾート ユタ★

PIXTA 販売サイト

写真素材のピクスタ

Copyright (c) 2012 - 2018 写真家三浦俊裕HP     All Rights Reserved.